金生遺跡は、縄文時代後期から晩期終末にかけての集落跡です。いくつもの石棺墓を中心にして構成される石造りの祭祀場が特徴で、昭和58年2月7日に国史跡に指定されました。金生遺跡の晩期の住居跡は竪穴がない構造で、土壁構造の住居が復元されています。金生遺跡の出土品は、北杜市考古資料館に展示されています。

史跡金生遺跡公園

山梨県北杜市大泉町谷戸105番地

開園日 年中無休

駐車場 3台

トイレあり(12月~3月閉鎖)

アクセス

中央自動車道長坂ICから車で10分

JR中央線長坂駅からタクシーで20分

問い合わせ先

北杜市考古資料館 0551-20-5505

北杜市学術課 0551-42-1375

金生遺跡公園の景観写真
2号配石
中空土偶